医者の脳みそ
世間ではいまだに勘違いの多い医学生・医者の実態を報告。また作者を含めた医学生の勉強法を紹介。実際にやっている株や、アフィリエイトなどの副業情報。 諸国漫遊記も好評でーす。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛分娩とジェンダー
昨日、ある地方紙に「無痛分娩」についての記事がありました。
みなさん無痛分娩ってご存知ですか…?
(ちなみに、タイトルの割には中身は大した事ありません(^^ゞ )



無痛分娩というのは分娩のときに硬膜外麻酔という麻酔をして陣痛などの痛みを無くして出産する方法なんです。腰から下に麻酔がかかるので、意識はあります。麻酔によって産道の緊張が解け、弛緩するので多くの場合、結果的に分娩時間が短くなるという利点もあります。

じゃあいいことずくめじゃないか、って仰る人もいるかもしれません。
僕は男ですし、自分がこんな議論をするのは奥さんと担当の産婦人科医に対してだけでいいと思ってますのでそれに是非を言おうとは全く考えていません。

しかし、
「痛みを経験しないと子供を愛せない」
「我慢は美徳」
などという日本人独得の観念があって日本で普及しない一因になっているのは本当でしょうね。アメリカでは半数以上は無痛分娩みたいですし。ちなみに梅宮アンナがこれをやったような。

一方で「ジェンダー」という言葉があります。
生物学的な「性差」ではなく、「社会的・文化的・心理学的」な性別を意味する概念です。

「ジェンダーフリー」という概念が世間にはあり、この「フリー」とは「~がない」ってことですから、簡単に言うと、男だとか女だとかそういうので見なさんな(" ̄д ̄)ということです。

だいぶ前置きが長くなりましたが(^^;; 

「無痛分娩」の記事見て考えてたのは…


ジェンダーフリー論者で無痛分娩を批判する人っているんでしょうか??


あぁ、_| ̄|○スイマセン いきなりくだらなくなって。
だって、無痛分娩という手段があるのに、それをさせない男の人がいたとして、ジェンダー反対唱えてたら矛盾してますよね?

いるかなーって思っただけです…はい、○┓ペコ グダグだになってしまいすみません。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://isyanonoumiso.blog22.fc2.com/tb.php/12-c79c734c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よっけ

Author:よっけ
田舎の某国立医大6年時より
国家試験の現実逃避でblog作成に時間を費やす。

無事に4月より医師となりました。
趣味は旅と株式投資。
まずは、新しい環境に慣れるべく奔走の日々を送っております。
最近、株の世話が出来ないのが悩み。でも、不労所得よりしっかりと労働所得を得るのが先と思い始めています。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

スーパー株式道
Noppin's stock cafe
お見合いパーティ後日談
chobiの部屋
ゆかいな仲間たち
負け犬のホスト日記
変わらない毎日
Mirai★の気持ち
オヤジの世界

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。